Profile(English below)

幼年期、タイのバンコク滞在時にギターに興味を持ち始める。

帰国後、故芳志戸幹雄に出会いクラシックギターを師事する。

後年、米国バークリー音楽大学にてジャズと民族音楽を学び、

スペインとメキシコでスパニッシュギターの技術を修得する。

作曲ではアジア、ヨーロッパ、中南米等でのフィールドワーク

体験を反映させた自作曲を発表、TV番組や舞台に使用される。

 

初ソロ作「大橋いさお」には、ベテランべーシスト「岡沢章」

個性派パーカッショニスト「コスマス・カピッツァ」が参加、

同年NHKラジオのジャズ音楽番組や韓国国営放送に出演する。

ソロ二作目「メロディア・パラ・シゲ」には、世界的ドラマー

「神保彰」アジア最高峰のべーシスト「納浩一」等が参加する。

ソロ三作目、ギター独奏集「ギタルラ・スアベ」を発表する。

リーダーグループで四作目「メルティンポット」を発表する。

また、クラブジャズバンド「イミグランツ・ボッサ・バンド」

のメンバーとしても活動し、解散までに作品五枚を発表する。

 

Born in Tokyo, Japan. Then spending some of childhood in Bangkok, Thailand.

After returning, he studied Classical guitar under the tutelage of Mikio Hoshido.

In 1997, he enrolled at Berklee College of Music to study Jazz and World Music.

In addition, staying in Spain and Mexico to learn local Spanish guitar technique.

 

In 2006, released album "Isao Ohashi" with Akira Okazawa(studio veteran) and

Kosmas Kapitza(ex-Orquesta de la Luz), also appeared at Korean TV program.

In 2008, released album "Melodia para Sigue" with Akira Jimbo(ex-Casiopea),

Koichi Osamu(one of the best bassists in Asia) and his group "Isao's MeltinPot".

 

In 2010, he joined to club jazz band "IBB", released 5 albums(finished in 2017).

In 2014, released album "Guitarra Suave", first complete solo guitar recording.

In 2016, released album "MeltinPot", all songs are played by own leader group.